分煙機の用途と機器の種類

###Site Name###

煙草を吸う人の副流煙の健康に与える影響が社会問題になっていますが、その対策のひとつとして分煙機を設置があります。
分煙機は、煙草の煙を一定範囲内に閉じ込めで、かつ、排出することで、そこの部屋あるいは空間全体に広がらないようにできる機械です。

窓の遮熱塗料に関する疑問にお答えします。

その種類は、部屋の改造を伴う大掛かりなものから、テーブル型の設置するだけで済む簡易型までいろいろとあります。

オフィスやショールームなどでは、テーブル型やカウンタータイプなどこじんまりしたものを分煙室に設置して、煙草の煙を強力に吸い込んで、部屋の外にに拡散しない方法がよくとられます。



飲食店などの場合には、喫煙席と禁煙席を分けるのが一般的ですが、何もしないと煙が拡散して禁煙席の方まで流れてきます。


このため、禁煙席との境にエアカーテンやガラスの間仕切りを設置したり、それとは別に分煙機を天井または床に設置します。これは、店舗にもよりますが、大掛かりな工事を伴うこともあります。

昔のパチンコ店などは、煙草の煙がモウモウとしていたものですが、現在では分煙化が進んでいます。

分煙室を設けるところが多いようで、そこではテーブル型などが使われます。



喫煙席と禁煙席を分ける場合には、分煙機の使用とともに、煙が禁煙席の方に拡散しないように、エアカーテンなどで遮るのが一般的です。喫煙の問題は、先進国を中心に公共の場所では禁煙の方向に向かっていますが、分煙機を利用して喫煙できる場所が増えると喫煙者にはありがたいでしょう。